小顔になれる方法 顔のゆがみ

頭蓋骨矯正とは?

顔のゆがみをとる方法の一つに、骨の矯正があります。頭蓋骨矯正とは、一体どんなことをするのでしょうか。。
顔のゆがみをとる頭蓋骨矯正.jpg

頭蓋骨矯正は整体術やカイロプラクティックなどの手技療法のテクニックの一つです。元々は、小顔などの矯正に直接用いられていたものではありませんが、ここ数年の小顔ブームの波に乗って、一気にクローズアップされています。


しかし、そのテクニックの理論は画一化されているわけではありません。医療的に説明されている訳でもありません。従って、小顔を作る目的で頭蓋骨矯正があるのでもありません。


ダイエットや筋力強化によって、顔の輪郭や首の健康や肩こり解消を実現している方は沢山おられます。その手助けの一つになるのが頭蓋骨矯正なのです。


骨や関節が適切な状態にあって初めて血液循環や神経支配が正常に滞りなく働きます。頭蓋骨においても関節が存在しておりますし、ここの調整は、不調な身体を本来の生理作用に戻してくれる事も経験的に判っております。


頭蓋骨の中には脳が存在し、その下からは身体を支配している脊髄神経が伸びております。人間の構造上、脳と脊髄が生活の中枢であり、この中枢神経が本来であればあるほど、体調も良くなると想像がつきます。


また、頭蓋骨はこの脳をしっかりと守る役割を果たしておりますし、頭蓋骨の中で、脳はいつもめまぐるしく働いています。また、脳神経は一部この頭蓋骨の隙間を通り抜けて各器官へと走行して、腺や筋肉を支配しています。


この頭蓋骨の調整は、神経を最大限活性化する、もしくは病気の治癒の手助けをするための大きな期待を荷っており、様々な疾患に施されているのも事実です。


頭蓋骨は23個の骨が寄せ集まっており、その関節はサメの歯と歯を合わせるような複雑な形状をしておりますが、完璧に隣どおしが合致して、僅かではありますが、動きを呈しています。


一般医療では、不動関節とされておりますが、頭蓋骨の関節は確実に動きを呈しており、生理的にも大切な動きを含んでいると考えられているのです。


判らない事がまだまだ多く、深く踏み入れない分野であるのは事実でありますが、わかっている部分で、危険のない範囲での調整は人体に有効であり、健康増進や美容は元より、様々な治療にも用いられています。


小顔はその結果としてついてくる産物のようなものです。決しておにぎりの様に小さな骨にはなりません。そのように見えるということなのです。これも大切な事実ではあります。

小顔の法則

小顔になるには法則があると思います。ただし、小顔の基準や認識は人それぞれですし、見る人によっても違います。また、ご本人が自己満足できるかどうかも大切な要素です。


人が何を言おうと、自分自身が納得していれば、それでいいと思いますし、それが大切なことです。これは自信につながり、生活全般に波及していくことでもあるでしょう。


申し上げておきますが、顔が小さくなることは医療的には、あまり説明されていません。顔がずいぶん小さく見えるようになることは、方法があります。この点が大切なことでしょう。100%小顔はあり得ないのですから。


皆さんが、納得のいく方法で、安全に確実に自分の本来の姿を獲得する事が、満足の行く結果となるのではないでしょうか。決して、ノギスで測ることが小顔になることではないような気がします。


自分が悩んでいるほど、傍では感じている事はあまりないような気もします。その意味では、やはり自己満足です。その方法にはきっと法則があるのです。



○自分の心身に不満を抱かない。感謝心を持つ。

○外見だけにとらわれない。(皆さん、十分承知しておられる)

○メイク術をしっかりと学ぶ(女性が多いと思いますが。。)

○姿勢が大切(完璧な健康状態)

○心の安定

○住まいの生理整頓(住まいの生理整頓は心のあらわれ?)

○隣人を愛すること

○健康的なダイエット

○筋肉のエクササイズ(顔面筋、頚部の筋、および全身)

○骨盤を整える(頭蓋骨と連動しているため)

○少食を心がける(全般的な健康が目的)

○当然運動もしたほうがいい

○その他




沢山メンタルなことを並べましたが、ハード的なことよりも、このようなソフト的な事実のほうが、実はより良い人生を送るためにも大切なような気がしています。

小顔を作るマッサージ

小顔を作るマッサージに大切なことは、血液を心臓に戻すということです。これには、多少なりとも解剖学の知識が必要です。これを知っていることが、マッサージを効果的に作用させるための重要な要素の一つとなるのです。ご自分でマッサージを行う時も、これを知っているのと、知らないのとでは、効果は雲泥の差です。どれほど差がつくのかといえば、これは判りません。。

まず大切なことは、血液の循環です。心臓を出た動脈血は大動脈を通って、頚動脈と椎骨動脈を抜けて脳に向かいます。頚部の筋肉の状態によっては血液の流れはスムーズにもなるし、その逆にもなるのです。また血管の柔軟性にも左右されるわけです。動脈硬化です。難なく脳にたどり着いた血液は、脳に酸素やブドウ糖を供給します。これによって脳はしっかりと働けるわけです。いずれ、血液は老廃物を受け取り、静脈血としてまた心臓に戻ってきます。ここで、脳では、静脈洞と呼ばれる血液の湖にいったん溜り、ここから頚静脈に入って心臓へと向かいます。このときに頭蓋骨の隙間を通って頚部の静脈に入るのですが、ここを頚静脈溝といいます。ここの状態がとても大切なのです。

異常な頚部の筋緊張や歪みは血液の戻りを阻害してしまいます。顔や頭からは血液が戻ってこなくなるのです。戻りにくくなるのです。むくんだ状態から逃れられない状態です。これらの情景を上手に改善する事が、小顔を作るマッサージの第一歩かもしれません。王道や裏技はここに隠れているのです。

小顔になりたい人の話

小顔になりたいのなら、まずは健康状態を確かめることが大切です。健康であるのか否かです。健康状態は全身に関してであり、内蔵も含めてです。これらのチェックは通常は、メディカルチェックにて行うことが可能です。血液検査や尿検査、血圧測定から身長・体重まで、あらゆる角度からのチェックが必要です。

また、大切な要素に歯科検診があります。歯の状態は、非常に顔の骨格に影響を与えているのは、どなたでも想像できると思います。歯の欠損はないか、虫歯はないか、片側でのみ食べ物を噛んでいないか、などなど、沢山の項目があります。

小顔を作る決意をしたならば、まずは健康状態をチェックします。生活習慣が不規則で、健康に無頓着であれば、小顔は絶対に手に入りません。ご自分の身体をよく理解した上で、それ相応の方法で、小顔にチャレンジするべきです。それが王道であり、裏技です。

健康状態が保たれていれば、肥満はもちろん、顔のむくみ、身体のむくみもしっかりコントロールできるはずです。健康であるからこそ、顔の関節は締まり、筋肉は締まり、眼がはっきりして、明るい表情になるのです。回りからは明るく美しく映えて見えます。そしてすらっとしなやかな首と姿勢の良い背中、どっしりと落ち着いて安定している骨盤は内臓を引き上げます。おしりの筋肉ももち挙がり、脚が長く見えます。決して長くなったのではないのです。長く見えるのです。

小顔もこれと同じです。小さくなることは僅かしかありません。(実際小さくはなりますが。。)小さくなったように見えるのです。これがとても大切な考え方なのです。

簡単に顔のゆがみをとる方法?

小顔になるのに、簡単な方法で実現できるのならば、是非実行してみたいという方は多いのではないでしょうか。でも、そもそも小顔になるという事はどういう事なのかが問題です。

骨格が大きい方がりんごのように小さな顔になることはあり得ません。骨の形が変われば別ですが。。(ある意味、その方法があるのですが)この意味では骨を削るということが、方法としては単純明快です。手術療法がその方法となります。

手術は顎のラインを削ったり、パーツパーツを微妙に構成するというものです。詳しくは、美容整形に問い合わせ頂いたほうがよく判るはずです。手術となりますと、簡単には小顔になれそうもありませんね。とはいえ、気に入る気に入らないは別として、確実に小顔になる方法ではあります。

また、手術には頼らない方法としては、ダイエットがあります。ダイエットは顔だけのダイエットではありません。身体全体のダイエットが必要です。顔だけを痩せようと思ったら、それなりの投資が必要です。顔のマッサージです。顔のマッサージはご自分でも出来ます。方法さえ学んでしまえば、簡単に実行できる小顔の獲得方法かもしれません。

マッサージは人にやってもらった方が気持ちよいものです。ただし、それで小顔が獲得できるのは、マッサージ後の事だけです。時間が経てばまた同じ生理作用が復活して、同じ状態に戻ります。当然のことです。全身のマッサージを施して、体調の回復が得られたのであれば、その後は小顔が継続するかもしれません。

顔面筋を鍛えることも大切です。表情が豊かになれば、美しく見えます。顔の大きさはあまり問題にならない様になるかもしれませんね。その意味では、全身的な健康状態は、小顔にも大変重要な要素となりそうですね。小顔でも顔色悪いようでは、目的違いもいいところですものね。そうならないような健康重視の小顔の調整を試みてくださいね。

小顔とは

小顔になるとは一体どういうことなのでしょうか。。本当に子顔になれるのでしょうか。どのくらい小さくなるのでしょうか。疑問はつきません。

まずは、目的をはっきりする必要があります。それによって方法は沢山あります。ただし、ご自分にあった方法や合わない方法なども存在しています。顔が半分になることなどありえませんし、どの程度小さくなるかが問題でであり、満足いくものなのか、いかないものなのかの分かれ目になります。

簡単に想像できるのはダイエットです。ダイエットによって脂肪組織がなくなり、顔が小さくなります。また顎のラインはシャープになり、首が長く見えるようになります。実際、骨は小さくなっていませんが、小さく見えるようになります。

また、女性はメイクがあります。メイクによって影を付けたり工夫して、顔が小さく見えるようにできます。ただし、これも実際顔が小さくなっているわけではありません。あくまで小さく見えるのです。実際に顔を小さくする方法はあるのでしょうか。

思い浮かぶのは手術です。手術は顔面頭蓋を削ることをしますので、物理的に顔が小さくなります。小さくなるというよりは気になるパーツを修正する方が多く用いられているようです。その意味ではメイクやダイエットの方が小顔に見えるかもしれません。

あくまで、ご本人が満足いくということが大切でしょうから、メジャーで計って小さくなることのメリットやデメリットがあるわけです。実際の話しですが、顔が小さくなるといっても、わずかです。沢山削ったとなれば話は別ですし、20キロもダイエットしたとなれば、もっと小さくなるのかも知れません。

骨の形は変わりませんが、骨の関節の異常を見つけ出して、矯正を施すことが行われていますが、この方法は、骨自体の角度や関節の緩みやしまり具合が変化します。結果として小さく見るという事が期待できます。ほんの僅かな操作ですが、顔のイメージは変わります。変わらない場合もありますが、試してみる価値ありです。

あくまで、目的が大切であるということを忘れてはいけません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。