小顔の法則 顔のゆがみ

小顔の法則

小顔になるには法則があると思います。ただし、小顔の基準や認識は人それぞれですし、見る人によっても違います。また、ご本人が自己満足できるかどうかも大切な要素です。


人が何を言おうと、自分自身が納得していれば、それでいいと思いますし、それが大切なことです。これは自信につながり、生活全般に波及していくことでもあるでしょう。


申し上げておきますが、顔が小さくなることは医療的には、あまり説明されていません。顔がずいぶん小さく見えるようになることは、方法があります。この点が大切なことでしょう。100%小顔はあり得ないのですから。


皆さんが、納得のいく方法で、安全に確実に自分の本来の姿を獲得する事が、満足の行く結果となるのではないでしょうか。決して、ノギスで測ることが小顔になることではないような気がします。


自分が悩んでいるほど、傍では感じている事はあまりないような気もします。その意味では、やはり自己満足です。その方法にはきっと法則があるのです。



○自分の心身に不満を抱かない。感謝心を持つ。

○外見だけにとらわれない。(皆さん、十分承知しておられる)

○メイク術をしっかりと学ぶ(女性が多いと思いますが。。)

○姿勢が大切(完璧な健康状態)

○心の安定

○住まいの生理整頓(住まいの生理整頓は心のあらわれ?)

○隣人を愛すること

○健康的なダイエット

○筋肉のエクササイズ(顔面筋、頚部の筋、および全身)

○骨盤を整える(頭蓋骨と連動しているため)

○少食を心がける(全般的な健康が目的)

○当然運動もしたほうがいい

○その他




沢山メンタルなことを並べましたが、ハード的なことよりも、このようなソフト的な事実のほうが、実はより良い人生を送るためにも大切なような気がしています。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。