顔のゆがみって本当? 顔のゆがみ

顔のゆがみって本当?

小顔になれるって本当なんでしょうか。本人の基準であるとか、他人の基準であるとかがありますから、一概には言えません。頭の大きさや形状が日常的に変わっているのは確かです。

ここで皆さん!頭の形や顔の形が日々変わっているのを意識できたことがありますか?意識できていないと思います。女性の中には、顔が日々調子良いとか悪いとかを感じておられる方は沢山おられます。『今日は眼が大きい気がする』とか、『顎のラインがシャープな気がする』とかいった具合です。だからといって顔面頭蓋や脳頭蓋が動いているなどと意識している方は殆んどいません。

逆に言いますと、この程度の動きや変化が日常の身体の変化であり、顔の大きさの変化なのです。ところが、傍から観たときに、いつもより綺麗にみえたり、健康そうにみえたり、朗らかに映えてみえる時があります。こんな時は、骨格もしっかりと本来のご自身の完璧な生理バランスの中に留まっているのでしょう。これがいつもより、顔色が悪いとか、姿勢が悪いとかいった具合にみえる時は、体調が悪く骨格も、いわゆる歪んだ状態になっていることでしょう。

特に顔の場合は、顔面頭蓋の歪みは顔のむくみを作ります。また頚椎の歪みも然りです。顎のラインは消え、姿勢が悪くなり、気持ちよさそうには決して見えません。あくまで印象の世界ですから、どこが何センチ違うなどといったことは言っていません。ただそう見えるということです。大切なことは本来のご自身の最良の健康状態であると言うことではないでしょうか。

その意味では、残念ですが小顔なんてあり得ません。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。