小顔とは 顔のゆがみ

小顔とは

小顔になるとは一体どういうことなのでしょうか。。本当に子顔になれるのでしょうか。どのくらい小さくなるのでしょうか。疑問はつきません。

まずは、目的をはっきりする必要があります。それによって方法は沢山あります。ただし、ご自分にあった方法や合わない方法なども存在しています。顔が半分になることなどありえませんし、どの程度小さくなるかが問題でであり、満足いくものなのか、いかないものなのかの分かれ目になります。

簡単に想像できるのはダイエットです。ダイエットによって脂肪組織がなくなり、顔が小さくなります。また顎のラインはシャープになり、首が長く見えるようになります。実際、骨は小さくなっていませんが、小さく見えるようになります。

また、女性はメイクがあります。メイクによって影を付けたり工夫して、顔が小さく見えるようにできます。ただし、これも実際顔が小さくなっているわけではありません。あくまで小さく見えるのです。実際に顔を小さくする方法はあるのでしょうか。

思い浮かぶのは手術です。手術は顔面頭蓋を削ることをしますので、物理的に顔が小さくなります。小さくなるというよりは気になるパーツを修正する方が多く用いられているようです。その意味ではメイクやダイエットの方が小顔に見えるかもしれません。

あくまで、ご本人が満足いくということが大切でしょうから、メジャーで計って小さくなることのメリットやデメリットがあるわけです。実際の話しですが、顔が小さくなるといっても、わずかです。沢山削ったとなれば話は別ですし、20キロもダイエットしたとなれば、もっと小さくなるのかも知れません。

骨の形は変わりませんが、骨の関節の異常を見つけ出して、矯正を施すことが行われていますが、この方法は、骨自体の角度や関節の緩みやしまり具合が変化します。結果として小さく見るという事が期待できます。ほんの僅かな操作ですが、顔のイメージは変わります。変わらない場合もありますが、試してみる価値ありです。

あくまで、目的が大切であるということを忘れてはいけません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。